無動力式の動作原理

TOP 製品案内 無動力式の動作原理

ポンプが生み出す真空

無動力式はバキュームリフト自身が真空を作るため、クレーンに吊り下げクレーンの上下操作で吊り荷の吸着・離脱を行ない、簡単に吊り荷を運ぶことができます。

動作の原理

基本操作

  • ①クレーンフックにバキュームリフトをつり下げ、チェーンが充分ゆるむまで吊り荷の上に下ろします。
  • ②クレーンを上昇させシリンダーが引っ張られることで真空を作り、吊り荷を吸着します。
  • ③吊り荷を目的の場所まで搬送したら、チェーンが十分ゆるむまでクレーンを下ろします。バキュームリフト内のバルブが自動的に切り替わり真空を解除します。
  • ④バルブの解放によりバキュームリフト内に大気が入り込みますので、クレーンを上昇させると本体だけが持ち上がります。

真空の発生

  • ①バキュームリフト本体は、自由に動くピストンを密閉されたシリンダーで構成されています。
  • ②ゴム製のローリングカフがピストンとシリンダー間の気密シールの動きをします。
  • ③金属間が直接接触する構造ではないので、これにより真空力が落ちることはありません。
  • ④ローリングカフは真空を発生させ、かつ保持するという重要な働きをします。

吸着と離脱

  • ①吊り荷の吸着・離脱は、ピストンの下にある自動セルフバルブで制御されています。
  • ②自動セルフバルブは、ラチェットの溝(切替器)とゴム製のバルブプレートから構成されています。
  • ③クレーンを下げてバキュームリフトのチェーンがゆるむと、切替器が働きバルブが自動的に閉じます。クレーンが上昇しピストンが引っ張られるとシリンダー内に強力な真空が発生します。
  • ④吊り荷が完全に下りてチェーンがゆるむと、切替器が働きバルブが開いて真空を解除します。
  • ⑤自動セルフバルブは、チェーンがゆるんだときバルブプレートの開閉を行ないます。真空発生中や吊り荷搬送中に横揺れや振動があっても、バルブが切り替わることはありません。

注目製品

RIDGIDポータブルべべラー
直径12インチ、スケジュール40のパイプを、セッティングからワンパス加工までわずか2分以内です。

フォークリフト用 JVD M-6N型
クレーン設備のない倉庫などでフォークリフトを使用して鋼板を搬送するために製作いたしました。

BDSマシーン[エッジ加工]
BDS社は、精度の高いドリリングマシン、開先加工機、バリ取り機などの各種加工機械とアクセサリーを開発・製造しています。

薄板1枚吊り対応バキュームリフト
レーザー切断や精密板金加工などの現場で活躍する薄板1枚吊り対応の無動力式JVDバキュームリフト 定尺鋼板型。